AiLeVaDiSi FoRuM  

Go Back   AiLeVaDiSi FoRuM > GeneL Forum > Çizgi Roman - Anime - Manga > Naruto > Naruto Spoiler -English User-

 

Cevapla
 
LinkBack Seçenekler Stil
Alt 04-04-2010, 10:43 PM   #1 (permalink)
kydo - ait Kullanıcı Resmi (Avatar)
AileVadisi.NeT
Üyelik tarihi: Sep 2009
Konular :
Mesajlar: 3,871
Rep Puanı : 545
Rep Derecesi : kydo is a glorious beacon of lightkydo is a glorious beacon of lightkydo is a glorious beacon of lightkydo is a glorious beacon of lightkydo is a glorious beacon of lightkydo is a glorious beacon of light
İletisim :
Standart Naruto 490 Confirmed Spoiler Pics


http://www.ailevadisi.net
Naruto 490 raw lq

Download

MU mirror



Verification: Confirmed

PART 1

Madara: ...you want to join forces?...What do I gain from teaming up with someone like you?

Kabuto: War is upon us. I offer you military strength.

What's the true motivation behind Kabuto's proposal...!?

490: The Truth of the Kyubi!!

Kabuto: Here is Itachi, Sasori, Deidara, Kakuzu, and...Nagato. A truly powerful group...Moreover...these aren't the only Koma* I possess.
[*TN: Koma is a Shogi piece]

Madara: What's the collateral?

Kabuto: Uchiha Sasuke...

Madara: ...What are you plotting?

Kabuto: ...Nothing really...My interest is purely in ninjitsu. For that purpose I will need Sasuke-kun. I want a live, young, fine Uchiha for this.

Madara: ...And if I were to refuse?

Kabuto: ... (Kuchiyose Edo Tensei!!)


One casket appears.

Madara: ...!? Th..this is!!

You can't see the body inside the casket.

Kabuto: Do you think I would come here to meet you without a hand like this? That's right...you can't refuse!

Madara: You...where did you get that!?

Kabuto: It doesn't matter...don't worry though, I haven't told anyone else about this.

Madara: ...Ha..haha....

Kabuto: Is something funny?


MadaraL Yakushi Kabuto, the vessel you've become...it's different than how I would've imagined it...Even if I disagree with you, my military power is only dropping...You took advantage of that and came here...you're a carefully strategic guy.

Kabuto: What are you saying?

Madara: Fine, I'll join forces with you....But, Sasuke won't be handed over until the results of the war have been decided...until then, you are not to meet with Sasuke. Also, I will have you guard and observe as well.

Kabuto: Such an understanding person. As I thought, Uchiha Madara...though the vessel is different.

Madara: ...You're an impertinent one...you've shown your military power, now use that to devise a plan to work over...follow me.

Kabuto, what's the meaning of this?? From the shape of his mouth, it seems he's smiling.


Kabuto follows behind Madara.

The casket we were unable to see closes.

No new arrivals.

PART 2

Looking at the dead bodies.

Konoha Jounin A: For all these corpses in a small, narrow space...this trail of fallen shinobi, there's no mistaking what's ahead.

Konoha Jounin B: And the trap?

Konoha Jounin A: What should we do?

Anko: Tokuma! Use your Byakugan 2 o' clock from here.

Tokuma: On it! (Byakugan!!)

Kabuto and Madara are walking in the middle of a forrest.

Tokuma: Captain Mitarashi...this is

Anko: What is it?

Tokuma: It's not just Kabuto!...Akatsuki's masked man is with him too!! The two just took an entrance underground!

Anko: What did you say!?

Jounin A: He's the one who's been going under the name of Madara in Akatsuki...Is this their hideout!?

Jounin B: Why the heck is he with Kabuto?

Jounin A: Have they joined forces?

Anko: Has Kabuto purposefully led us here? To reveal to us Madara's hideout...

Jounin B: But why, if they joined forces?

Anko: I don't know...Anyway, we must take this information to the village!

Fukasaku: What's wrong!? Press on the seal of the scroll!

Naruto: ...

Scroll Frog: Are you afraid Naruto...well, this is pointless then.

Fukusaku: So what?

Scroll Frog: Fukusaku-sama...the Kyubi's strength -- the Kyubi's chakra and will -- it is possible to unite those. It's the power to control the Kyubi. In order to draw out the Kyubi's chakra, one must change his chakra to make it their own strength. But it's not that simple...by drawing his chakra, you draw out the Kyubi's will as well. The Kyubi's will is that of a hateful demon with tremendous power and chakra. And even if it guarantee's strength, the heart of it's wielder will soon be consumed by this hate. In short, to control the Kyubi, you must take both the will and the chakra of the Kyubi, and completely separate this hate from it's will and chakra.

From the 4th's seal, some chakra has already been able to leak naturally onto Naruto. So with this key, you can fully release the seal and draw on all of the Kyubi's chakra.

Fukusaku: If that's true...the Kyubi's chakra will consume everything in and with that, its will.

Scrol Frog: If Naruto's will loses to that of the Kyubi's, the Kyubi will restore itself completely.
-------------------------------------------
Kabuto is pretty awesome.
Bee thinks of rhymes without listening to the details of the war meeting.
Naruto is hesitant to put his hand print, but he does, thinking it's important for fighting Sasuke.
(TN: I'm thinking the hand print is for opening the key for the Kyuubi seal.)

Verification: Confirmed

パラ見。

カブトは凄いね。
ビーは、戦争会議の内容聞かずライムを考えてる。
ナルトは、手形押すのためらうけど
サスケと戦うためには必要と考え手形押す。
-----------------------------------
マダラ『… 手を組みたいだと…
お前と組んでオレに何の得がある?』
カブト『近々戦争を起こすそうだね その戦力の提供しようって事さ』

カブトの提案の真意は…!?
490 九尾の真実!!

カブト『ここにある イタチ サソリ デイダラ カクズ そして…ナガト
どれも強者揃いだ… それに… ボクの持ってる駒はこれだけじゃない』
マダラ『見返りは?』
カブト『うちはサスケ  …』
マダラ『…  何を企んでる?』
カブト『…別に何も… ボクの興味は忍術の純粋な心理
その探求のためにはサスケくんが必要なだけ 生きた若くて繊細な
うちはの人間が欲しいイ』
マダラ『… …断ると言ったら?』
カブト『…』(口寄せ 穢土転生!!)

棺が1個出てくる
マダラ『…!?  こ…これは!!』
棺の中身は見えない
カブト『ボクが何の手札もなく君に会いにくるとでも? そおう… 君は断れない!』
マダラ『キサマ… それをどこで手に入れた!?』
カブト『色々とね… …安心していいよ これは誰にも喋ってない』
マダラ『…   フッ…フフフ…』
カブト『何かおかしいことでも?』
マダラ『薬師カブト お前がここまでの器になるとはな…思ってもみなかった
…今お前と揉めてもこちらの戦力が低下するだけ… この機を狙ってここへ来るとは…
用意周到な奴だ』
カブト『という事は?』
マダラ『いいだろう 手を組んでやる  …ただし
サスケを渡すのは戦争の成果を上げてからだ …それまでサスケには会わせない
それから監視も付けさせてもらう』
カブト『物分かりのいい方だ さすがは うちはマダラ… 器が違う』
マダラ『… 生意気な奴だ… …お前の持つ戦力を確認してから作戦を練り直す…
ついてこい』
カブト、意味ありげ??に口元が笑う。

マダラ後ろ向きながら、カブト確認
見えなかった棺が閉まる。
-----------------------------------
死体を見て
木の葉上忍A『こんな偏狭な地にわざわざ死体を…
倒れている忍の流れからして この先に何かあるのは間違いない』
木の葉上人B『罠では?』
木の葉上忍A『どうします?』
アンコ『トクマ! 2時の方向白眼だ』
トクマ『ハッ!』(白眼!!)


森の中を歩くカブト マダラ


トクマ『みたらし隊長 …これは』
アンコ『どうした?』
トクマ『カブトだけじゃない!…”暁”の仮面の男も一緒です!!
地下らしき入口に二人して入っていきます!』
アンコ『なんだと!?』
上忍A『って事はマダラと名乗っている"暁”の男… それもアジトか!?』
上忍B『そいつとカブトがなぜ一緒にいる?』
上忍A『手を組んだのか?』
アンコ『カブトはわざと私達をここへ導いたのか? マダラのアジトを知らせるため…』
上忍B『しかし奴らが手をくんだとしたら何故』
アンコ『今はわからない… とにかくすぐにこの事を里へ知らせる!』



フカサク『どうしたんなら!?はよ蔵入りの印を押せ!』
ナルト『…』
蔵蛙『不安なんじゃなナルト… …まあ無理もねーの』
フカサク『何なん?』
蔵蛙『フカサク様…九尾の力ゆーのは ”九尾のチャクラ”と”九尾の意志”の二つが合わさって できとんじゃ
九尾の力をコントロールするゆー事は その九尾チャクラの方だけ引き出して
自分のチャクラに変えて己の力にする事なんじゃ
じゃあけどそう簡単なもんじゃねえ… 九尾のチャクラを引きだしたら九尾の意志もついて来る
九尾の意志ってのは憎しみの塊で 強い力でチャクラと結びついて来るんじゃ 
どんだけ自分を強く保っても 心のどこかにある憎しみと結びつこうとして心を乗っ取ってくる
つまりじゃ 九尾の力をコントロールするゆーんは九尾の意志と九尾のチャクラ…
この二つを憎しみのない強い意志で完璧に分離する事を言うんじゃ
四代目は九尾封印の檻から ほんの少し漏れ出すチャクラの上澄みがナルトのチャクラに自然とな るよう
封印式を組んどった じゃがこの鍵を使えば四象封印を開け 九尾のチャクラ全てを引き出せる… !』
フカサク『ほんなら… 九尾のチャクラ全てに九尾の意志が全てついてきて――』
蔵蛙『その九尾の意志にナルトの意志が負けた時点で――
九尾が完全に 復活する!!』
-----------------------------------
フカサク『… 今まで鍵を開けた事はあるんかいな?』
蔵蛙『実は四象封印が弱まりつつあって 修行中勝手に九尾化を始めたナルトを抑えるため
鍵を使って封印を閉めたんじゃが…
封印がゆるゆるでの… またいつ九尾化するかもわからなかった
そこでジライヤは わざと鍵で封印を ほんの少しの間開けてのう…
ナルトに九尾の意志に対抗する力をつけさせコントロールさせようとしたんじゃ…
ま…失敗じゃったけどな』
フカサク『それからはどうなったんじゃ?』
蔵蛙『うまくはいっとらん』
ナルト『…確かに昔 大蛇丸とやった時は自分から九尾の力に頼って自分の意志を預ける事になっ ちまった
サスケの事言われてカッとなっちまって… すぐにでも大蛇丸をやっつけたくてよ
そのせいでサクちゃん傷つけて…  ヤマト隊長は九尾のチャクラに頼るんじゃなくて自分の力で戦えって言っ た
人柱力抑えるヤマト隊長に見守られての修行ならともかく 戦いでは憎しみの気持ちが常について くっから
だからもう九尾の力はいらねエと思った
それに自分の意志で九尾の意志を抑え込むなんてできるわけねーと思ってたし…
けどヒナタがペインにやられた時も…憎くて くやしくて…使わねーどころか…
自分の心が勝手に九尾の意志と簡単につながっちまった
今は四代目に封印を組みなおしてもらったからまだ安心だけど またいつ暴走するか分からねエ…
…  だけど… サスケと戦うためにゃ九尾のチャクラが必要だ
結局オレは九尾の人柱力だ 本当はいつまでも逃げてらんねエ』

四代目(お前に九尾のチャクラを半分にして封印したのは この力を使いこなすと信じていたから だ…)

ナルト、印を押す

ナルト(うじうじしたって仕方ねーってばよ コントロール…キッチリやってやんぜ父ちゃん!)
蔵蛙『契約成立じゃ!蔵入りする!』
フカサク『さあまずはタコ探しじゃな!』


雲隠れ戦争会議。
ビー自前のライム帳開き(韻が踏めてねーな …なんかいいフレーズがねーものか…)
シー『敵の本陣…アジトが明でないかぎり奇襲効果を上げるのは難しくなると思います
そこでまず偵察隊を編成します   では――』
ビー(では…か… …濁点の部分を逆にして”てば”とかどうだ? さらにラップ風にノリを加え て
”てばヨー♪”)

キサメ(これで雲隠れの大体の戦力は分かりましたね… 八尾がバカで助かりました…)

ビー(ダメだなこのフレーズは… 何かむかつくっ…てばヨー♪
やっぱ無いな)

シー『…とこのようにまとまります 雷影様…』

雷影『よし!三日後には忍連合軍の連合会議を開く!各里へ召集連絡だア!!』

タコ探し…の前に戦争勃発!?
終わり★サーセイ
-----------------------------------






Status : Pending

飲んでたw

カブト 私の目的はうちはサスケ君です~
マダラ 断ったらどうする?
カブトがさらにエドテンセイ(棺の中は見えない様にうまく書かれてる)
マダラ こ…これは…お前これをどこで手に入れた
カブト 私があなたが絶対に断れない~なんちゃら~w
マダラ いいだろうサスケは戦争が終わったら~それまではサスケと会わせない~
    監視もつけさせるけどそれでいいか~
カブトとマダラが手を組むことに
ナルトへ 九尾関連の事
最後に 雷の国で会議を盗み聞きするキサメさん
キサメ これで雷の現在の軍事力などわかった~

で終わりです 棺の中はマダラの遺体とかなんかね~

Kabuto: My goal is Sasuke-kun.
Madara: And what if I refuse?
Kabuto uses Edo Tensei to summon another coffin. The art is obscured so we can't see who's in it.
Madara: T-this is... How did you get this?!
Kabuto: This means there's no way you can refuse me.
Madara: Fine, you can have Sasuke after the war is over. Until then I won't let you see him and you will be watched. Is that okay?
Kabuto and Madara join forces.
Scene shifts to Naruto and talk about Kyubi.
Ends with Kisame spying on the Kumo meetings.
Kisame: Now we know Kumo's current military strength.

---------------------------------------------------
Src : Jaydee Ailevadisi
Status : Pending

490「真の黒幕」
煽り:カブトの発言にトビは・・・・!?

カブト「大蛇丸様を殺害し・・・ 自分の存在の存在を分からなくした・・・」
カブト「私の目的はサスケ君です」
トビ「!」
カブト「彼を殺せればそれでいい」
トビ「お前ごときではサスケはやれないぞ」
カブト「・・・・・・」
トビ「・・・・・」
トビ「断ったらどうする?」
カブト バン! ドガガガガガガガ さらに穢土転生 中は見えない
トビ「これは…!!  お前これをどうやって・・・」
カブト「あなたは絶対に断れないさ・・・ それに今の僕は君ですら敵わない・・・」
トビ「・・・・・」
トビ「サスケは戦争が終わったらだ それまではサスケとは会わせない」
トビ「サスケの死体もこちらがいただく」
トビ「常に監視もつけさせる・・・ それでいいか?」
カブト「・・・いいでしょう」
場面変わり
ガマ寅「よし・・・」
仙蛙「よし今から仙術を教えるけんの、ラストスパートじゃ」
場面変わり
雷で会議中
鬼鮫「(筒抜けですよ・・・これで雷の軍事力などがわかりましたよ 削りがいが無い・・・)」
場面変わり
品川「NARUTOはオレが狩る・・・」
品川「お前らはもう一方を当たれ」
?A「ワンピースですか・・・?」
?B「ブリーチだよ」
品川「ワンピースはヤツらが狙ってる 今ヤツらと対立すれば厄介だ」
?A「なるほど・・・」
品川「最近トリコも眼を離せなくなってきた 常に監視しておけ」
?A、?B「ハッ」
?B「・・・しかし品川さん・・・この前のNARUTOのインタビューで__」
品川「手は打ってある 幸いヤツらはオレのおかげでNARUTOが不滅の人気だと思ってやがる 」
品川「それに少しばかりカンペを見た疑いをかけられたところで計画になんら支障はない・・・」
?A「・・・・・」
?B「・・・・・」
品川「時は満ちた・・・ 虎視眈眈と行くのはここまでだ・・・ "品川計画"をいそぐとしよう 」

煽り:真の黒幕・・・・!!
---------------------------------------------------

Pending
兜は簡単にマダラのうちに失われた。彼が初めて天照大神を向けると、すべての蘇生を焼き一度に 。

さらに彼は失われた、まだ彼を選択してマダラ部下

サスケの万華鏡はまったく変更されません。

マダラは彼の目は/電源どこに新しい万華鏡の万華鏡に改革はイタチを上回ると述べた

終了
kydo isimli Üye şimdilik offline konumundadır   Alıntı ile Cevapla
Reklamlar Bağışlanmaktadır
Alt 05-04-2010, 10:04 PM   #2 (permalink)
Avatar Yok
AileVadisi.NeT
Üyelik tarihi: Feb 2010
Yaş: 23
Konular :
Mesajlar: 77
Rep Puanı : 10
Rep Derecesi : (削除) is on a distinguished road
İletisim :
Standart


http://www.ailevadisi.net
Unconfirmed sorry my english my english bad this spoiler unconfirmed

煽り:まさかの発言にトビは・・・!?

トビ『手を組むだと?』
カブト『フ・・・君達は人材が不足している事は分かっている このまま戦争を始めても勝率はな い』
トビ『・・・・・・』
トビ『オレ達をなめるな。勝算はある。それに__』
カブト『まぁ・・・そんなことはどうでもいいんだ』
トビ『・・・何をたくらんでいる?』
カブト『何も・・・ただ君と 同じ目的がある』
カブト『クク・・・それに"あの"計画には大蛇丸様の力が必要だ・・・そうだろ?』
トビ『・・・・・・』
カブト『何だったか・・・伊邪那美・・といったか? (ゴソ 右手ゴソゴソしてる)』
トビ『!・・・まさか貴様・・・』
カブト『土産もある(スッ)』
トビ『!』
場面変わり
スッ
巻物蛙『よし・・・これで蔵入りした』
ナルト『みんなありがとだってばよ 話はそれだけか・・・?』
仙人蛙『これからこやつを呼び出す印や前教えきれなかった術を教える ナルトちゃんよ・・・これでほぼ完全 に自来也ちゃんを超す』
仙人蛙『ワシの全てをたたきこむ』
ナルト『・・・・・・・・・』
仙人蛙『・・・?』
ナルト『・・・・ああ、いや・・・少しだけ休みたいんだってばよ ちょっとだけだから・・・』
仙人蛙笑顔
場面戻り
トビ『それは・・・写輪眼・・・』
トビ『!(これは・・・)』
カブト『うちはフガクの写輪眼だ』
トビ『ハッタリはよせ・・・あの夜既にイタチに潰されていた』
トビ『(しかし・・・この色は・・・)』
カブト『まぁ正確には偽物だな・・・・・・』
カブト眼を握り潰す パリン グシュ
トビ『!』
カブト『これはクローンだ』
トビ『クローンだと?』
カブト注射?を取り出す
トビ『!?』
カブト『うちはフガクの死体から細胞を取り出し"あるもの"を混ぜることによって"素"を作る事に成功した 』
カブト『つまり・・・・・まぁ見せたほうが早いか(カリ)』
カブト巻物を取り出しバン
トビ『!』
ボロボロの忍が出る 額当てなし
ボロボロの忍『く・・・ やめて・・・くれ・・・』
カブト『これはうちはでもないただの忍・・・中忍レベルのクズさ これにこいつを・・・(カブト注射を差す )』
忍『ぐぁぁぁあああ(ハァハァ)』
カブト『何が変わったかわかるかい?』
トビ『・・・・』
カブト『フ・・・こういうことさ・・・(中忍の髪をひっぱるカブトその眼には写輪眼が)』
トビ『!』
中忍『や・・・やめてくれ・・・ぐぁああああ!』
カブト中忍の眼をえぐる
カブト『君・・・うるさいよ (ゴキ ドサ)』
カブト『これでうちはフガクの写輪眼のできあがりだ』
カブト『この方法を使えば"アレ"さえ作ることができる どうだ・・・?』
トビ『いいだろう』

煽り:
おわり☆ザーサイ
(削除) isimli Üye şimdilik offline konumundadır   Alıntı ile Cevapla
Alt 05-04-2010, 10:45 PM   #3 (permalink)
Avatar Yok
AileVadisi.NeT
Üyelik tarihi: Mar 2010
Konular :
Mesajlar: 24
Rep Puanı : 29
Rep Derecesi : Sensei-Q is on a distinguished road
İletisim :
Standart


http://www.ailevadisi.net
Thank you! Arigato!
Sensei-Q isimli Üye şimdilik offline konumundadır   Alıntı ile Cevapla
Alt 06-04-2010, 01:12 PM   #4 (permalink)
Chun Lee - ait Kullanıcı Resmi (Avatar)
AileVadisi.NeT
Üyelik tarihi: Feb 2010
Yaş: 24
Konular :
Mesajlar: 338
Rep Puanı : 30
Rep Derecesi : Chun Lee is on a distinguished road
İletisim :
Standart


http://www.ailevadisi.net
Pending

はい
信用はしないが手を組んだマダラとカブト。イタチの眼を移植したサスケに会い興奮するカブト
やっぱり狙いはサスケの体。
鍵を外せば今まで以上に九尾の意識が強くなる
九尾完全コントロールは難しい、出来なければ九尾に支配される
んで、ナルトは手形を押すことに迷い
九尾の鍵を外せば前以上に大切なみんなを傷つけるかもー
サクラや自来也を傷付けたこと、ペイン戦で里のみんなを自分が傷付けたかもしれないという恐怖
ミナトの自分を信じてくれてるという希望、その狭間で悩み迷う
予言ジジイが今はまだ押さなくてもいい、タコに会い答えが出ると。その為にゲロ虎?をナルトの腹に隠してお くね
カリンはカツ丼をドカ食いして腹が膨れたら眠くなってきたぜ
イビキがいい加減にしろで怒るともう1つ条件があるでサスケの昔の写真を見せろ。アカデミー時代と下忍時代 のだ!
でイビキがサクラに昔のサスケの写真を持ってこさせる
ヨダレを垂らしながらサスケの写真に食い付くカリンにドン引きするサクラとイビキ
写真をしまいながらいいぜ、話してやる
ナルトのことで綱手とご意見番が揉めるが、いろいろあり綱手が引く形になり
ナルトには見張りをつけ前線には立たせない
綱手は納得いってない感じ
シカマルが中忍班長に就任
一人になったビーに鬼鮫が襲い掛かり油断したビーが確保される






imza
SENI SEVIYORUM
I LOVE YOU ABYUSUF



ABYUSUF
Gittim-Gordum-Geldim-Cok sevdim-Hayraniyim
Chun Lee isimli Üye şimdilik offline konumundadır   Alıntı ile Cevapla
Alt 06-04-2010, 01:23 PM   #5 (permalink)
kydo - ait Kullanıcı Resmi (Avatar)
AileVadisi.NeT
Üyelik tarihi: Sep 2009
Konular :
Mesajlar: 3,871
Rep Puanı : 545
Rep Derecesi : kydo is a glorious beacon of lightkydo is a glorious beacon of lightkydo is a glorious beacon of lightkydo is a glorious beacon of lightkydo is a glorious beacon of lightkydo is a glorious beacon of light
İletisim :
Standart


http://www.ailevadisi.net
Pending
兜は簡単にマダラのうちに失われた。彼が初めて天照大神を向けると、すべての蘇生を焼き一度に 。

さらに彼は失われた、まだ彼を選択してマダラ部下

サスケの万華鏡はまったく変更されません。

マダラは彼の目は/電源どこに新しい万華鏡の万華鏡に改革はイタチを上回ると述べた

終了






imza
best abyusuf fan kydo
kydo isimli Üye şimdilik offline konumundadır   Alıntı ile Cevapla
Alt 06-04-2010, 07:00 PM   #6 (permalink)
Chun Lee - ait Kullanıcı Resmi (Avatar)
AileVadisi.NeT
Üyelik tarihi: Feb 2010
Yaş: 24
Konular :
Mesajlar: 338
Rep Puanı : 30
Rep Derecesi : Chun Lee is on a distinguished road
İletisim :
Standart


http://www.ailevadisi.net
トビ『手を組むだと?』
Tobi: are you going to be an ally?

カブト『フ・・・君達は人材が不足している事は分かっている このまま戦争を始めても勝率はな い』
Kabuto: huh.. you guys already know that you guys lack of member, if we start a war, it's impossible to win

トビ『・・・・・・』
Tobi: .....

トビ『オレ達をなめるな。勝算はある。それに__』
Tobi: don't underestimate us, I have my own plan/idea to win this war ...

カブト『まぁ・・・そんなことはどうでもいいんだ』
Kabuto: whatever ...

トビ『・・・何をたくらんでいる?』
Tobi: ... what comes up on your sleave?

カブト『何も・・・ただ君と 同じ目的がある』
Kabuto: nothing .. I (just) have the same purpose with you

カブト『クク・・・それに”あの”計画には大蛇丸様の力が必要だ・・・そうだろ?』
Kabuto: *giggle* we need that Orochimaru's power for that 'plan' don't we?

トビ『・・・・・・』
Tobi: ....

カブト『何だったか・・・伊邪那美・・といったか? (ゴソ 右手ゴソゴソしてる)』
Kabuto: what was that Izanami? (he search something on his right side pocket with right hand)

トビ『!・・・まさか貴様・・・』
Tobi: no way .. you...

カブト『土産もある(スッ)』
Kabuto: I have a gift (present something)

巻物蛙『よし・・・これで蔵入りした』
Ninja scroll frog (<--- not sure about this person's name): good, all done !!

ナルト『みんなありがとだってばよ 話はそれだけか・・・?』
Naruto: thanks everyone, is that all?

仙人蛙『これからこやつを呼び出す印や前教えきれなかった術を教える ナルトちゃんよ・・・こ れでほぼ完全 に自来也ちゃんを超す』
The old sage frog: I'm going to teach you a jutsu like to a mark to call that person and jutsu I couldn't teach you. Hey Naruto chan...you finally will be able to beyond Jiraiya (<--- this sentence doesn't make sense)

仙人蛙『ワシの全てをたたきこむ』
The old sage frog: I'm going to give everything (jutsu?) to you

ナルト『・・・・・・・・・』
Naruto: ....

仙人蛙『・・・?』
The old sage frog: ...?

トビ『!』
Tobi: !

場面変わり
スッ
Scene changing

ナルト『・・・・ああ、いや・・・少しだけ休みたいんだってばよ ちょっとだけだから・・・』
Naruto: oh well, I wanna have a rest a little bit. just a little bit

仙人蛙笑顔
The old sage frog: *smiling*

場面戻り
Back to Tobi

トビ『それは・・・写輪眼・・・』
Tobi: eh, that sharingan

トビ『!(これは・・・)』
Tobi: *talking to himself* this is ....

カブト『うちはフガクの写輪眼だ』
Kabuto: Uchiha Fugaku's sharingan

トビ『ハッタリはよせ・・・あの夜既にイタチに潰されていた』
Tobi: don't tell me a lie... that Sharingan crushed by Itachi 'that' night

トビ『(しかし・・・この色は・・・)』
Tobi: *talking to himself* but this color (maybe chakra) is ....

カブト『まぁ正確には偽物だな・・・・・・』
Kabuto: well, this is a fake one

カブト眼を握り潰す パリン グシュ
*Kabuto crush the eye, and it's perish*

トビ『!』
Tobi: !

カブト『これはクローンだ』
Kabuto: this is a clone

トビ『クローンだと?』
Tobi: a clone?

カブト注射?を取り出す
Kabuto took out an injection

トビ『!?』
Tobi: ?

カブト『うちはフガクの死体から細胞を取り出し”あるもの”を混ぜることによって”素”を作る 事に成功した 』
Kabuto: I took out a cell from Uchiha Fugaku's corpse and I mixed it with 'something' and made it into this material

カブト『つまり・・・・・まぁ見せたほうが早いか(カリ)』
Kabuto: so... oh well, better to show you

カブト巻物を取り出しバン
[B]Kabuto took out a Ninja scroll

トビ『!』
Tobi: !

ボロボロの忍が出る 額当てなし
shabby ninja appeared *can't figure out the last kanji*

ボロボロの忍『く・・・ やめて・・・くれ・・・』
shabby ninja: stop it *almost feint out*

カブト『これはうちはでもないただの忍・・・中忍レベルのクズさ これにこいつを・・・(カブ ト注射を差す )』
Kabuto: this is just a normal ninja, not Uchihan ... only a medium level ninja. (*talk to himself*) Kabuto pull out the injection)

忍『ぐぁぁぁあああ(ハァハァ)』
ninja: ghaaaaaaaaaa *being injected*

カブト『何が変わったかわかるかい?』
Kabuto: can you recognize that something has change?

トビ『・・・・』
Tobi: ...

カブト『フ・・・こういうことさ・・・(中忍の髪をひっぱるカブトその眼には写輪眼が)』
Kabuto: hmph... this is it *talking to himself* (Kabuto pulling that medium ninja's hair and Sharingan appears at that ninja's eyes)

トビ『!』
Tobi: !

中忍『や・・・やめてくれ・・・ぐぁああああ!』
ninja: stop it !! ghaaaaaaaaa

カブト中忍の眼をえぐる
Kabuto gouge out the medium ninja's eyes (sharingan)

カブト『君・・・うるさいよ (ゴキ ドサ)』
Kabuto: you... are noisy

カブト『これでうちはフガクの写輪眼のできあがりだ』
Kabuto: I finished making Uchiha Fugaku's Sharingan

カブト『この方法を使えば”アレ”さえ作ることができる どうだ・・・?』
Kabuto: if I use this method, I can make 'that'... what do you think?

トビ『いいだろう』
Tobi: okay, do it

煽り:
おわり☆ザーサイ
End






imza
SENI SEVIYORUM
I LOVE YOU ABYUSUF



ABYUSUF
Gittim-Gordum-Geldim-Cok sevdim-Hayraniyim
Chun Lee isimli Üye şimdilik offline konumundadır   Alıntı ile Cevapla
Alt 06-04-2010, 07:01 PM   #7 (permalink)
Chun Lee - ait Kullanıcı Resmi (Avatar)
AileVadisi.NeT
Üyelik tarihi: Feb 2010
Yaş: 24
Konular :
Mesajlar: 338
Rep Puanı : 30
Rep Derecesi : Chun Lee is on a distinguished road
İletisim :
Standart


http://www.ailevadisi.net
edit






imza
SENI SEVIYORUM
I LOVE YOU ABYUSUF



ABYUSUF
Gittim-Gordum-Geldim-Cok sevdim-Hayraniyim
Chun Lee isimli Üye şimdilik offline konumundadır   Alıntı ile Cevapla
Alt 06-04-2010, 07:57 PM   #8 (permalink)
Avatar Yok
AileVadisi.NeT
Üyelik tarihi: Apr 2010
Konular :
Mesajlar: 6
Rep Puanı : 10
Rep Derecesi : Nezia is on a distinguished road
İletisim :
Standart


http://www.ailevadisi.net
SOURCE: NF
VERIFICATION: Confirmed
CREDITS: Virys, Nja
んじゃ ◆bvOTKk1mXg :2010/04/07(水) 01:26:23 ID:2zBnBo0M0
飲んでたw
カブト 私の目的はうちはサスケ君です~
マダラ 断ったらどうする?
カブトがさらにエドテンセイ(棺の中は見えない様にうまく書かれてる)
マダラ こ…これは…お前これをどこで手に入れた
カブト 私があなたが絶対に断れない~なんちゃら~w
マダラ いいだろうサスケは戦争が終わったら~それまではサスケと会わせない~
    監視もつけさせるけどそれでいいか~
カブトとマダラが手を組むことに
ナルトへ 九尾関連の事
最後に 雷の国で会議を盗み聞きするキサメさん
キサメ これで雷の現在の軍事力などわかった~
で終わりです 棺の中はマダラの遺体とかなんかね~
Nezia isimli Üye şimdilik offline konumundadır   Alıntı ile Cevapla
Alt 06-04-2010, 08:07 PM   #9 (permalink)
Avatar Yok
AileVadisi.NeT
Üyelik tarihi: Apr 2010
Konular :
Mesajlar: 6
Rep Puanı : 10
Rep Derecesi : Nezia is on a distinguished road
İletisim :
Standart


http://www.ailevadisi.net
Chun lee can you translate it please?
Nezia isimli Üye şimdilik offline konumundadır   Alıntı ile Cevapla
Alt 06-04-2010, 08:39 PM   #10 (permalink)
kydo - ait Kullanıcı Resmi (Avatar)
AileVadisi.NeT
Üyelik tarihi: Sep 2009
Konular :
Mesajlar: 3,871
Rep Puanı : 545
Rep Derecesi : kydo is a glorious beacon of lightkydo is a glorious beacon of lightkydo is a glorious beacon of lightkydo is a glorious beacon of lightkydo is a glorious beacon of lightkydo is a glorious beacon of light
İletisim :
Standart


http://www.ailevadisi.net
飲んでたw

カブト 私の目的はうちはサスケ君です~
マダラ 断ったらどうする?
カブトがさらにエドテンセイ(棺の中は見えない様にうまく書かれてる)
マダラ こ…これは…お前これをどこで手に入れた
カブト 私があなたが絶対に断れない~なんちゃら~w
マダラ いいだろうサスケは戦争が終わったら~それまではサスケと会わせない~
    監視もつけさせるけどそれでいいか~
カブトとマダラが手を組むことに
ナルトへ 九尾関連の事
最後に 雷の国で会議を盗み聞きするキサメさん
キサメ これで雷の現在の軍事力などわかった~

で終わりです 棺の中はマダラの遺体とかなんかね~


Kabuto: My goal is Sasuke-kun.
Madara: And what if I refuse?
Kabuto uses Edo Tensei to summon another coffin. The art is obscured so we can't see who's in it.
Madara: T-this is... How did you get this?!
Kabuto: This means there's no way you can refuse me.
Madara: Fine, you can have Sasuke after the war is over. Until then I won't let you see him and you will be watched. Is that okay?
Kabuto and Madara join forces.
Scene shifts to Naruto and talk about Kyubi.
Ends with Kisame spying on the Kumo meetings.
Kisame: Now we know Kumo's current military strength.






imza
best abyusuf fan kydo
kydo isimli Üye şimdilik offline konumundadır   Alıntı ile Cevapla
Cevapla

Bookmarks

Etiketler
ナルトネタバレ, ナルトネタバレ 第490話, naruto 490, naruto 490 spoiler, naruto 490 zip, naruto spoiler 490, spoiler

Seçenekler
Stil

Yetkileriniz
Konu Acma Yetkiniz Yok
Cevap Yazma Yetkiniz Yok
Eklenti Yükleme Yetkiniz Yok
Mesajınızı Değiştirme Yetkiniz Yok

BB code is Açık
Smileler Açık
[IMG] Kodları Açık
HTML-Kodu Kapalı
Trackbacks are Açık
Pingbacks are Açık
Refbacks are Açık

Forum Şartları


Tüm Zamanlar GMT +3 Olarak Ayarlanmış. Şuanki Zaman: 11:53 PM.


Powered by vBulletin® Version 3.8.5
Copyright ©2000 - 2014, Jelsoft Enterprises Ltd.
SEO by vBSEO 3.5.2
aBSHeLL
Protected by CBACK.de CrackerTracker
Abshell-AileVadisi

Linkler

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307